安全性の向上

スタッドレスタイヤは溝が深く柔軟性のあるゴムを使用しています

現在では乗用車の冬用タイヤと言えばスタッドレスタイヤを指しますが、それ以前はスノータイヤに金属製の鋲(スタッド)を打ち込んだスパイクタイヤが主流でした。スパイクタイヤは凍結した路面にめっぽう強く雪道でも比較的安全に走行出来ましたが、雪がないとアスファルトなどの舗装を削って粉塵を発生させて健康被害を招くケースが多発しました。そこで、鋲を使わないタイヤとしてスタッドレス(鋲がないと言う意味)タイヤが開発されたわけです。スタッドレスタイヤはタイヤのゴム自体に鋲の役割を持たせるために、通常のタイヤより溝が深く出来ており低温でも路面との密着性をキープ出来るように柔軟性のあるゴムを使用しています。したがって、溝が新品の50%以下に減ったりゴムが夏用タイヤのように硬くなれば、使用年数に関係なく寿命と考え交換が必要となります。

タイヤの保管方法で寿命が変わります

「一般的にスタッドレスタイヤの寿命は3年」と言われますが、それは運転状況や使用環境によって随分と変わるもので一概には言えません。走行状態や保管状態は人それぞれ異なるはずですから。スタッドレスタイヤを夏でも装着している車をよく見かけますが、夏の強い日差しはゴムの劣化を早め硬くしてしまいますので一番悪い使い方です。寿命を長くするには夏には使用せず保管することが大事で、その保管方法も一工夫することでより長持ちさせることが出来ます。まずは、保管する前にスタッドレスタイヤをよく洗うことです。融雪剤や油脂分が残っているとゴムの劣化が進行しやすいからです。次に、直射日光や雨水に当たらない場所に保管することです。そして、タイヤラックを使用すれば万全です。タイヤラックがない場合は、タイヤの空気圧を半分にまで落として重ねて保管すると良いでしょう。